ライモック ラボ

お問合せ

更新情報・お知らせ

2019/07/19
私が執筆(共著)した『小規模事業者のためのやさしいHACCP』が発売されました。是非、アマゾン 、紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などでお買い求めください。
2019/07/01
マネジメントの現場に『最悪のPDCAサイクル』を追加しました。
2019/06/11
B級グルメの開発物語に『金箔ソフト』を追加しました。
2019/05/14
『経営ゼミナール』の『HACCP入門〜HACCPの概略と前提条件プログラム〜』(11月6日)及び『HACCP実践〜HACCPプランの作成〜』(1月8日)のお申し込み受付中。
2019/05/13
『第11回「食品衛生7S(整理・整頓・清掃・洗浄・殺菌・躾・清潔)基礎講座」』(7月9日)のお申し込み受付中。 → 受付終了
2019/05/10
『食品事故事例』及び『食中毒の発生状況』のデータをアップデートしました。
2019/05/07
お弁当の開発物語に『ますのすし』を、B旧グルメの開発物語に『ハントンライス』を追加しました。
2019/04/05
『技術/研究者のためのコーチング的コミュニケーション技術』セミナー(7月22日)のお申し込み受付中。 → 受付終了
2018/04/05
 今年も観光ビジネス未来白書2019年版を出版しました。
 私は、2012年より7年連続で執筆をしています。そして、この2019年版では、『飲食店ビジネスの現状と未来戦略』『駅弁・空弁等ビジネスの現状と未来戦略』『MICEビジネスの現状と未来戦略』『産業ツーリズムビジネスの現状と未来戦略』を執筆を行いました。
 宜しければ、
アマゾン 、紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などでお買い求めください。
2019/03/02
『受託製造会社の知財活動』セミナー(4月24日)のお申し込み受付中 → 受付終了(4月23日)
2019/02/17
フレームワークに『70:20:10フレームワーク』を追加しました。
2019/01/12
マネジメントの現場に『小さくても一流』を追加しました。


セミナーのご案内

経営ゼミナール

 滋賀県中小企業診断士協会主催で経営ゼミナールを6月から毎月第1水曜日に行います。
 その中で、私が講師としてHACCPについてのセミナーもあります。セミナーは前半1時間が講義、後半1時間をワークショップを予定しています。

(1) HACCP入門 〜HACCPの概略と前提条件プログラム〜
日 時:2019年11月06日(水)15:00〜17:00
場 所:こらぼしが21 3階研修室 会場案内地図
参加費:3,000円
申込方法:『チラシ』をご参照下さい。
主 催:一般社団法人滋賀県中小企業診断士協会

(2) HACCP実践 〜HACCPプランの作成〜
日 時:2020年01月08日(水)15:00〜17:00
場 所:こらぼしが21 3階研修室 
会場案内地図
参加費:3,000円
申込方法:『チラシ』をご参照下さい。
主 催:一般社団法人滋賀県中小企業診断士協会

食品関連企業の朝礼・会議ネタ

   食品関連企業における朝礼・会議は、最新の情報をもとに話されることが多いと思います。
 その時の『朝礼・会議ネタ』を収集し、提供しています(更新日:2019/07/20)。



著書のご紹介

小規模事業者のためのやさしいHACCP

 本書は、『HACCPシステムの構築』が難しと思われがちですが、様々な課題に対して「我が社でもできそうだ」と自信が付く内容になっています。そして、その自信を基礎に、あなたの会社にあったHACCPシステムを構築するための近道への道しるべを与えてくれる一冊となっています。
 私は、第2章 「HACCP導入に向けた一般衛生管理」の執筆を行っています。

 宜しければ、アマゾン 、紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などでお買い求めください。

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術

 本書は、食品衛生7S活動を食品衛生の基盤において、安価な外部認証である自治体HACCP等認証制度を有効に活用し、ステップアップしながら、ISO22000やFSSC22000の認証取得を目指すことを紹介しています。
 さらに、食品衛生7S、HACCP、ISO22000、FSSC22000を解りやすく説明していますので、食品の衛生管理の入門書として最適な一冊です。
 私は、第1章3「FSSC2000取得へのステップアップ」及び4「衛生管理の基礎」の執筆を行っています。

 本書をご希望の方は、「お問い合わせ」より申し込んで頂ければ、先着 30 名様まで無料で進呈させいただきます。

観光ビジネス未来白書

 本書では『観光ビジネス』を分野別に分類して、その全体像を明らかにしています。また、それぞれの観光ビジネスの現状と未来戦略を見開きでわかりやすく記述しています。大学院で観光学を学ぶ学生、観光関連機関の研究者、観光振興による地域活性化をめざす自治体関係者などが主な読者である。
 私は、2012年より8年連続で執筆をしています。そして、この2019年度版では、第2章『飲食店ビジネスの現状と未来戦略』『駅弁・空弁等ビジネスの現状と未来戦略』『MICEビジネスの現状と未来戦略』『産業ツーリズムビジネスの現状と未来戦略』の執筆を行っています。

 宜しければ、アマゾン 、紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などでお買い求めください。