ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

更新情報・お知らせ

2019/03/02
『受託製造会社の知財活動』セミナー(4月24日)のお申し込み受付中
2019/02/17
フレームワークに『70:20:10フレームワーク』を追加しました。
2019/01/12
マネジメントの現場に『小さくても一流』を追加しました。
2018/10/25
HACCPミニセミナー(11月29日)の参加受付中 → 受付終了(11月20日)
2018/10/12
マネジメントの現場に『会議に「呼ぶ人」「呼ばない人」』を追加しました。
2018/07/22
フレームワークに『マンダラート』を追加しました。



『受託製造会社の知財活動』セミナー

 製造会社の経営-事業戦略において、知財情報活用の取り組みが活発化しています。
 受託製造会社においても、もはや知財を無視できない世情かと存じます。
 そこで今回は、受託製造の付加価値を高める”開発受託”が競争力の源であるとの
 観点に立ち、侵害チェック及び自社技術の権利化などの考え方や活動につきまして、
 医薬品や化粧品の受託会社の事例を参考に、中小企業における知財活動を紹介します。

日 時:2019年4月24日(水)15:00〜17:30
場 所:株式会社発明通信社 大阪営業所 セミナールーム 会場案内地図
定 員:9名
参加費:8,000円
申込方法:株式会社発明通信社の『セミナーお申し込み』より受付させて頂いています。
  

食品関連企業の朝礼・会議ネタ

  食品関連企業における朝礼・会議は、最新の情報をもとに話されることが多いと思います。
 その時の『朝礼・会議ネタ』を収集し、提供しています(更新日:2019/03/17)。



著書のご紹介

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術

 本書は、食品衛生7S活動を食品衛生の基盤において、安価な外部認証である自治体HACCP等認証制度を有効に活用し、ステップアップしながら、ISO22000やFSSC22000の認証取得を目指すことを紹介しています。
 さらに、食品衛生7S、HACCP、ISO22000、FSSC22000を解りやすく説明していますので、食品の衛生管理の入門書として最適な一冊です。

 私は、第1章3「FSSC2000取得へのステップアップ」及び4「衛生管理の基礎」の執筆を行っています。

 本書をご希望の方は、「お問い合わせ」より申し込んで頂ければ、先着 30 名様まで無料で進呈させいただきます。

観光ビジネス未来白書

 本書は、観光ビジネス研究会所属の中小企業診断士が執筆を行い、観光振興を目的として、2009年から10年連続年度出版しています。
 2018年版では、インバウンド、民泊、DMOなど注目される分野の内容も取り上げており、時節に沿った内容となっているとともに、「観光ビジネス」を63分野に分け、その分野別の「現状」と「未来戦略」を、統計的数値をもとに実態をビジュアルに示して、その方向性と未来戦略を提案しています。 
 観光ビジネス関連企業の方、観光振興による地域活性化をめざす自治体の方、観光学を学ぶ学生、観光関連機関の研究者、観光の発展に興味をお持ちの一般の方に、お読みいただきたい1冊です。なお、インバウンド実務主任者認定試験において、受験学習用推薦書籍として紹介されています。

 私は、2012年より7年連続で執筆をしています。そして、この2018年度版では、第2章1−2「MICEビジネス」、5−2「史跡巡りビジネス」、5-7「フードイベントビジネス」、7−3「駅弁・空弁ビジネス」、9−1「産業ツーリズム」、9−2「エコツーリズム」、9-3「グリーンツーリズム」の執筆を行っています。

 宜しければ、アマゾン、紀伊国屋書店、ジュンク堂書店などでお買い求めください。