ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

更新情報・お知らせ

2017/12/15
マネジメントの現場に『事業と組織を引き継ぐ』を追加しました。
2017/11/11
マネジメントの現場に『繰り返し教育する』を追加しました。
2017/11/01
ホームページをリニューアルしました。
スマートフォンでも利用しやすくなりましたので、是非、ご利用ください。
2017/10/21
マネジメントの現場に『リスクは、まず認識し、そして開示する』を追加しました。
2017/10/07
フレームワークに『フェルミ推定』を追加しました。
2017/09/23
フレームワークに『ブレインストーミング』を追加しました。
2017/09/02
マネジメントの現場に『怒りはコントロールできる』を追加しました。
2017/09/01
フレームワークに『忘却曲線』を追加しました。
2017/08/02
マネジメントの現場に『マネジメントの仕事は「聴く」こと』を追加しました。
2017/07/08
マネジメントの現場に『「利用する予定のないもの」は捨てる!』を、フレームワークに『ナレムコの統計』『文書管理の実態調査』を追加しました。

食品関連企業の朝礼・会議ネタ

  食品関連企業における朝礼・会議は、最新の情報をもとに話されることが多いと思います。
 その時の話のネタを収集し、提供しています。



マイベストプロ大阪・和歌山

 マイベストプロ大阪・和歌山で紹介されています。
 マイベストプロ大阪・和歌山は、読売新聞グループが運営する大阪・和歌山の専門家・プロを探せるWebガイドです。


書籍のご紹介

中小企業のための食品衛生ステップアップ活用術

 本書は、食品衛生7S活動を食品衛生の基盤において、安価な外部認証である地方版HACCPを有効に活用しながら、FSSC22000の認証取得を目指すことを紹介しています。
 さらに、地方版HACCPについての説明の他、HACCP、ISO22000、FSSC22000を解りやすく説明しています。
 食品の衛生管理の入門書として最適な一冊です。

 私は、第1章3「FSSC2000取得へのステップアップ」及び4「衛生管理の基礎」の執筆を行っています。

観光ビジネス未来白書

 本書は、研究会所属の14名の中小企業診断士が執筆を行っています。そして、観光ビジネスを分61類し、その分野別の「現状」と「未来戦略」を、統計的数値をもとに実態をビジュアルに示して、その方向性と未来戦略を提案しています。
 観光ビジネスに関する書籍は少なく、本書は今まで多くの大学の図書館などに所蔵して頂いています。さらに、インバウンド実務主任者認定試験においても受験学習用推薦書籍として紹介していただいています。

 私は、第2章5−5「イルミネーションビジネス」、5−6「まつりビジネス」、7−2「駅弁・空弁ビジネス」、7−3「道の駅ビジネス」、9−1「産業ツーリズム」、9−2「」エコツーリズムの執筆を行っています。