ライモック ラボ

お問合せ

ハントンライス

修行時代のまかない料理から生まれた洋食

 ハントンライスは金沢のB級グルメと知られています。ケチャップで味付けしたバターライスの上に、薄焼き卵と白味魚のフライなどを乗せて、タルタルソースがかかっているオムライスのような洋食です。

 誕生は1960年代後半に山下昇氏が、金沢の中心地でレスラン「ジャーマンカリーグリル」を出店する際に、シェフ達と考えました。直接的なアイデアは、料理長が東京での修行時代にご飯にパプリカとバターで味付けしてマグロのフライを乗せたまかない料理をヒントにしています。これを若者に受けるよう味付けをケチャップに変えました。名前の由来は、ハンガリーの「ハン」と、フランス語のマグロを意味する「トン」を合わせた造語のようです。この新しく考えだされたハントンライスが若者を中心に店の人気メニューになり、その店から独立したコック達が、自分の店のメニューにハントンライスを加えたことから、金沢中に広がりました。既に発祥となったお店は今は閉店になっていますが、ハントンライスは金沢の郷土料理として愛され続けています。今では、お店ごとにバリエーションがあり、中身をケチャップライスやチキンライス、ベーキライスにしたり、ソースはケチャップやマヨネーズ、ドミグラスソース、トッピングも海老や豚など様々です。(写真はグリルオーツカのハントンライス)