ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

ROAとROE

 ROA(Return on Assets)とROE(Return on Equity)は、ともに式の構造が「利益」÷「資本」になっています。
 しかし、計算式は、
 ROA(経常利益÷総資産)は、会社が調達した資本を事業に活用してどれだけの効率的に利益を得たか?
     
 ROE(当期純利益÷自己資本)は、会社が株主から集めた資金でどれだけ効率的に利益を得たか?
     
 となっています。
 株主から見れば、ROEが高い会社ほど、投資利回りが良い会社といえます。しかし、意図的に借入を増やして自己資本を小さくするとROEは高くすることが出来るという欠点があります。自己資本比率の低下は企業経営の安全性が低下することに繋がります。
 中小企業であれば、利益を増やして内部留保を増加させることで、自己資本比率を高くする方が対銀行を考えた上で良いでしょう。
 非上場の中小企業は、ROEよりROAの向上を評価する方が良いでしょう。