ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [075]  [076]  [077]  [078]  [079]  [次へ]

「好き」「得意」のどれを仕事にする?

 就職活動を前に「好きな仕事」と「得意な仕事」で悩むことも多いと思います。また、ジョブローテーションにおいても同様に上司および本人とも悩みます。

 できれば、「好きな仕事」や「やりたい仕事」についてもらいたいと思いつつ、適性を考えると「得意な仕事」が良いのではと考えます。しかし、本人が「得意な仕事」と思っていても、いざその仕事を得意とする集団に入ると自分の技術とのギャップに心折れる人もいるので、一概に「得意な仕事」が良いとは言えません。

 少なくとも「不得意な仕事」は適性的に避けた方が良いと考えます。また、仕事を「好き」「嫌い」で選べない現実はあるものの、本人にとって「嫌な仕事」は身につかないし、長続きもしないと考えます。また、「好きな仕事」や「得意な仕事」が分からずに悩んでいる人も多いと思います。

 結局、「好き」と「得意」のどっちを仕事にしても、そこに本人の強い意志があれば、結果はついてくるのではないでしょうか?また、ジョブローテーションなどの異動に関して、初めての異動は不安が大きいものです。本人の異動先がどのように決められたかを十分に説明し、本人が新たな活躍ができるよう導く必要があります。