ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [068]  [069]  [070]  [071]  [072]  [次へ]

繰り返し教育する

 「人間は忘れる動物」とよく言われます。「エビングハウスの忘却曲線」によると、記憶は、覚えた1時間後には50%以上を忘れ、1日後に約75%を忘れ、その後、残った記憶はゆっくりと忘れていき、長く保持されるとされています。また、カナダのウォータールー大学の研究結果(Curve of Forgetting)では、復習によって記憶がよみがえるとされています。

 ところで、新しいSOPや組織内の取り決めを行った時に、関係する人に対して、説明若しくは教育訓練が行われます。そして、導入時の1回だけでなく、繰り返しの教育訓練が必要になります。
 繰り返しの教育は、
 ① 時事ネタを引用しながら朝礼などで何度も話す
 ② 社外の講習会に参加した人が、そのフィードバックを行う
 ③ 外部講師を招聘する
 ③ 適宜・定期の改定毎にSOPを再確認する
 などが上げられます。

 繰り返しの教育は、「組織作り、人づくり」の基本です。
 改めて、教育のやり方を考えてみてはいかがでしょうか?

 最後に、上司が模範となることが、大切です。部下に対して言うだけではなく、上司も日頃からが新たな知識を学習することが大切です。