ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [059]  [060]  [061]  [062]  [063]  [次へ]

チームのミッドフィルダーになれ!

 “人は人、自分は自分“では、仕事を進めることはできません。職人であれば、一見それでも良いように思わますが、一般的に、1つのものを作り上げるのに、1人の職人のみで完成するものは少ないと思います。企業であれば、なおさら組織・チームで仕事をすることが求められます。
 そして、組織やチームで仕事をする上で、部課長のような管理職、プレイングマネジャーとして主任など、役職の有無にかかわらず、チームで仕事をすれば、まとめ役としてリーダーは必要です。

 リーダーの役割を説明する時に、サッカーの「ミッドフィルダーになれ!」と言うことがあります。ミッドフィルダーは、攻守にわたる要であり、時として司令塔の存在になります。戦略と個々の役割を明確して試合に挑みますが、試合中はお互いが声を掛け合いながら試合運びを修正します。リーダーは、ミッドフィルダーのように、自ら業務遂行の中心的に活躍するとともに、部門の方針や目標を直接チームに伝えて組織を導くことも重要な役割です。「みんな解っているから今さら言わなくても。。。」ではなく、声にして、絶えずチームメイトに動機づけを行ながら、チームを引っ張る必要があります。特に、チームが迷走しかければ、方針や目的を改めて明示して軌道修正することが大切です。

 現場のリーダーは、管理職候補になります。管理職は、本人の資質を見ながらリーダーの育成に注力する必要があります。