ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [056]  [057]  [058]  [059]  [060]  [次へ]

心にゆとりを持って仕事をする

 管理職としては、考えることの1つに部下達の幸せがあると思います。

 仕事に一生懸命になるがあまり、周りが見えなくなり自分の主張を繰り返す時があります。
 これが性格とも合間っていると、厄介です。特に内気な人より、頑張り屋の人がこのような状況に陥る場合が多いような気がします。善意を持って言っていることは正しいことです。ただし、正しいことにも、ベストとベターがあります。特に相手がある場合、全てが自分にとってベストにはならないものです。少しずつ譲り合って、少しずつ我慢しあって、win - win を目指さなければなりません。
 そのためには、相手に対して、思いやりを持って接することです。そして、単なる日常業務だあっても、仕事 を手伝ってもらったら、有難うの一言を忘れないことです。
 人間は感情の生き物です。明るく気も良く働ける環境づくりが大切です。
 最後に組織風土を作るのは上司です。まずは、上司であるあなたから心がけましょう。