ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [054]  [055]  [056]  [057]  [058]  [次へ]

「やんちゃさ」も必要

 今や男性より女性の方が積極的で頼りになる時代になっています。どの職種にも女性が進出しています。

 反面、男性が弱体化しているように思えます。最近、良く耳にする草食系男子は、本当におとなしい。チャラチャラさがないし、ガツガツ感がない。今や、絶食系男子という言葉もあります。草すら食べないのか?何を考えているか解らない。昔は、みんな肉食系男子でガツガツしていたものの。今にして思えば、高度成長期の方々は非常にたくましいです。

 最近良く若い男子に言うことに、「やんちゃになれ!」があります。自分を積極的に表現してほしいと思います。
 「多少の失敗は許す!ただし、責任を取るのはこっち。できれば事前に相談して、そうすればフォローしやすい」です。その時には、部下からの相談時は、多少自分の考えと違っていても、誤りではない限り、Goの判断をすることです。さらに、Goの判断をした限りは、「やっぱり失敗したな」は決して言わないことです。部下を成功に導くことは上司にとって必要です。なぜならば、部下の成果は、自分の成果になるからです。

 また、ガンガン積極的に仕事をする女性には、最大限の応援を行い成果を出すようにフォローすべきです。女性が活躍する環境は整ってきていますが、組織の中ではまだ男性が多いことが事実としてあります。男性と女性の価値観の違いが、考えの違いに繋がることがあります。考えの違いを否定するのではなく、肯定することが大切です。

 組織を活発にしながらの色んな価値観を上手に取り上げて組織運をすることが管理職の務めになります。 男女関係なく、部下の暴走を恐れず、多少の「やんちゃさ」を求めては、如何でしょうか?
 ただし、時折ブレーキを踏むことを忘れないに!