ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [052]  [053]  [054]  [055]  [056]  [次へ]

正論だけでは動かない

 仕事は、一人ではできません。仕事は、「バックアップしてもらうスタッフ」や「現場で汗水たらしているライン」など多くの人の「努力」と「成果」から成り立っています。そのため、良い仕事を行うためにどれだけ仲間を増やし、良い関係を気づくかが重要になります。

 仲間を増やすためには、「あるべき論」を共有することが必要になります。しかし、各部門や担当者の事情を無視して、相手に現状では受け入れらない正論(あるべき論)のみを押し付けては、仕事は前に進みません。ヒト・モノ・カネなどの経営資源の制約の中、「解っているけど出来ない」ことも多くあります。他人から正論で指摘されもどうにもならない事情もあり、その指摘が反発と溝を生みます。そのため、小さな目標を立てながら一歩一歩前に進めることも時として必要です。

 最後に、仕事だからやって当たり前ではありません。やってもらうために必要以上に下手に接する必要はありませんが、相手に対して「気遣い」や「思いやり」の気持ちを忘れずに、互いに能力を活かし合うことで仕事を進めていくよう心がけたいものです。