ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [045]  [046]  [047]  [048]  [049]  [次へ]

PRには2つのタイプがある

 例えば、営業マンが自社をPRする2つのタイプが見られます。一つは、ライバルを悪く言って自分を良く見せるタイプ。もう一つは、ライバルをよく言って、自分はもっと良いとアピールするタイプです。

 人の悪口や陰口は、一見楽しいように思えますが、気持ちの良いものではありません。ましてや、自分が良いと思っていることに対して、悪く言われると、大人な対応をしても嫌な印象しか残らないでしょう。
 やはり、相手を良く言った上で、自分の良い所を説明した方が、相手も対比がしやすく、気持ちよく受入れられるでしょう。

 部下とのコミュニケーションも同様です。ついつい会社や他人を悪く言う人がいます。1対1のつもりで話していても、周りの人に聞かれます。さらに、本人の耳にも尾ひれはひれが付いて入るものです。
 特に会社や社長を悪く言うことは管理職として失格です。管理職は会社(=社長)の向く方向に自分の組織を向かすことが大きな仕事です。それを悪く言うことは、組織が向かうべき方向を見失わせることになります。さらに、会社に不安を覚えて有能な人材を失うことになりかねません。
 人間なので、会社や上司に対して、頭に来ることもあるでしょうが、自分の立場を考えた言動が必要です。