ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

[前へ]  [002]  [003]  [004]  [005]  [006]  [次へ]

コミュニケーションスキル

 JALの国内線機内(skyward 2013年2月号)で、キャプテンの航空教室 / パイロットに必要とされる「言語技術」と記事を見つけました。
 近年、パイロットは直接飛行機を操る技術のみでなく、コミュニケーション力・状況認識力という必要と考えられているようです。そして、「絵の分析」という課題で、絵の観察、分析、解釈、対話を通じて伝える、「言語技術」の講習をパイロットに実施しているようです。
 また、「問答ゲーム」という2人1組で、1人の質問にもう1人が答える。そのとき、「結論→理由→まとめという順番」、「主語をつけて」、「文章」で答える、ということがルールになっているようです。
 パイロットは、多くの乗客の命を預かっています。最近の飛行機は、安全飛行を機械的多く行えるようになっていると思いますが、いざという時は、人であるパイロットの一瞬の認識・分析・対応が必要になります。そして、1人だけで飛行していない限り、チーム内で適切なコミュニケーションは必須になります。

 さて、日頃の業務を振り返ってみて、思い付くところは、多々あります。コミュニケーション不足(量)や不適切なコミュニケーション(質)で業務が滞ったり、失敗したことは、ないでしょうか?
 特にコミュニケーションの質は重要です。伝える側は、言ったつもり、言っているのに理解されないなどの状況におかれます。また、受け側は、何を言っているか解らない、勝手に異なった解釈をするなどになります。

 そこで、次の方法でコミュニケーションをとるようにしましょう。

①お互い相手をみて話す。
 上司は、良く他の仕事をしながらや書類のみを見ながら、部下に背を向けて話すことがあります。話し手のことも考えて、時間をとって向き合いながらコミュニケーションをちりましょう。

②結論を先に話す。そして、その理由を簡単に述べる。
 長々と理由を話して、結局結論が解らなくなったり、結論がなかったりすることがあります。結論を簡潔に先に述べ、理由を結論に向かって端的に述べることが大切です。

③必ず主語をつける。
 日本人は、解っているものと思いながら話しがちです。受け手の思い違いで、異なった結論に至ったり、途中で気づいて初めから話すことになったりすることがあるので、要注意です。また、「誰に」、「何を」、「どのように」、そして、「何時までに」を意識しましょう。

④お互いが共通認識であるかを確認合いながらコミュニケーションをとる。
 以外と抜けがちなので、注意しましょう!