ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

フェルミ推定

 フェルミ推定(Fermi estimate)とは、実際に調査するのが難しいような数値を、いくつかの手掛かりを元に仮説をたて、論理的に推論し、短時間で概算することを目指すものです。名前の由来は、1938年のノーベル物理学賞を受賞したエンリコ・フェルミが、このような概算を得意としていたことによります。

 フェルミ推定で有名なものに、これはフェルミ自身がシカゴ大学の学生に対して出題したとされている「アメリカのシカゴには何人のピアノの調律師がいるか?」があります。
 例えば、この問題に対して、次のように概算することができます。
【仮定】
 まず以下のデータを仮定します。
 1. シカゴの人口は300万人とする
 2. シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人程度とする
 3. 10世帯に1台の割合でピアノを保有している世帯があるとする
 4. ピアノ1台の調律は平均して1年に1回行うとする
 5. 調律師が1日に調律するピアノの台数は3つとする
 6. 週休二日とし、調律師は年間に約250日働くとする
【推定】
 そして、これらの仮定を元に次のように推論します。
 1. シカゴの世帯数は、
   300万人÷3人/世帯=100万世帯程度
 2. シカゴでのピアノの総数は、
   100万世帯÷10世帯/台=10万台程度
 3. ピアノの調律は、年間に10万件程度行われる
   それに対し、(1人の)ピアノの調律師は1年間に
   250日×3台=750台程度を調律する
 5. よって、調律師の人数は、
   10万件/750台=130人程度と推定される

 ビジネスでは、新たな事業計画や製品開発において、費用対効果を確認する経済評価は重要です。市場性や販売計画において、都合よく全ての情報があるわけでありません。場合によっては、フェルミ推定を活用して、不明なデータは仮説を立てて、市場性などを論理的に推論することが必要になります。なお、自分にとって、都合の良い仮説(こうだったらいいのに・・・)という条件が1つでも入れば、推論が大きく影響すので、注意を要します