ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

保管文書の実態調査

 アメリカ連邦政府の“保管文書”の実態調査によると、文書の「50%が廃棄対象文書、30%が文書庫(外部書庫)で管理するべき保存対象文書、そして残り20%がオフィスで管理すべき保管対象文書である」という調査結果を出しています。大切に保管している半分は捨てるても良い文書ということになります。これらの文書のためにロッカーやスペースを確保することにより、多くのコストを要しています。

保管文書の実態調査