ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

ワールドカフェ

 ワールドカフェは、1995年にJuanita Brown(アニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、提唱された「話し合いの手法」です。
 ワールドカフェ方式の誕生は、アニータ氏とデイビット氏が、知的資本経営に関わるリーダー達に話し合いをしてもらうため、自宅に招いたのがきっかけでした。そして、両氏は、よい雰囲気のなかで話し合い行うために、室内を模様替えし、カフェのような空間を作り上げました。
話し合いは、コーヒーを飲んだり、パンを食べたりしながら、リラックスしたままテーブルの周りで行われました。 それは、知識や知恵が機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々が自由に会話を行い、ネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発されるという考えに基づいています。
 ワールドカフェは、話し合いで出たアイデアが、短時間で深まり、盛り上がる効果を出すために以下の要領で行います。

1)本物のカフェのようにリラックスした雰囲気のある場を作ります。
2)メンバーは4−5名単位の小グループで、20分〜30分程度の話し合いを行います。
3)話し合いは、それぞれのテーブル毎に机上の模造紙に自由にメモを描きながら行います。
4)話し合いは、他人の意見を否定せず、ともに意見が尊重されるという場で、相手の意見を聞き、つながりを意識しながら自分の意見を伝えます。
5)1人を残してメンバーを変えながら3回程度行います。
6)残った人は移動してきた人にそのテーブルで話された内容を共有する。

 ワールドカフェは、答えを出すための話し合いのやり方ではありません。お互いに自由に会話し、新しい知識やアイデアを生み出すことが目的です。