ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

1:29:300(ハインリッヒ)の法則

 アメリカのハインリッヒが、労働災害の発生確立を分析したもので、保険会社の経営に役立てられています。
 その分析によると、1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないが、ヒヤットした300件の体験があるといものです。

 これは、いろいろな現場に応用されています。その一つに、1件の大きな失敗の背景に、顧客が寄せられたクレームなどで発覚したミスが29件あり、さらにその裏には、現場でヒアリ・ハットなどがミスが300件あるというものです。