ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

ターゲット・プロダクト・プロファイル

  ターゲット・プロダクト・プロファイル(TPP ; Target Product Profile)とは、医薬品の開発で用いられる手法です。
 それは、開発初期の段階から、マーケティング部門などのスタッフが開発チームに参加して、これから開発する製品の特徴を明確にします。
  ・対象疾患
  ・有効性/安全性
  ・競合品に対する優位性
  ・付加価値(服用容易性、患者のニーズ等)
  ・市場性・収益性
 そして、投資金額に見合う売上(リターン)が期待できるような製品開発を目指します。

 他の業種の活用を考えると、製品開発の起案時に、営業担当者を含めて、
「誰に」:顧客ターゲットを明確にする
「何を」:そのターゲットに合わせたテーマ(嗜好性、利便性、付加価値など)を明確にする
「どのように」:開発的には、アイデアを形にする
        営業的には、販売方法を立案する
 その上で、収益性(売上、原価、販管費、利益)を評価した上で、開発に着手します。


補足

 「プロファイル」より「プロフィール」と言う方が馴染みがあると思います。
 TPPを使い時は、「プロファイル」でなく「プロフィール」としても良いと思います。
両者は同じ意味ですが、違いは、「プロファイル(profile)」が英語で、「プロフィール(profil)」がフランス語です。
 また、日本では人物紹介的な「プロフィール」と違って、「プロファイル」は犯罪捜査などの人物像を絞り込む意味で使われます。