ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

AIDMAの法則

 AIDMAは、1920年代にローランド・ホールが提唱した消費行動プロセスで、認知(Attention)→関心(interest)→欲求(Desire)→記憶(Memory)→行動(Ation)の頭文字を取ったもです。
 即ち、企業のプロモーション(広告や販促など)に対して、消費者が”認知”し、”関心”を抱き、欲しいという”欲求”を持ち、それを”記憶”し、最終的に購買の”行動”を行うと考えたモデルです。
 なお、同じ人物であっても、食品や飲料などの日常品と、車や家などの耐久品では、消費者の消費行動プロセスに違いがあります。よって、プロモーション施策が消費者のどの消費行動プロセスに影響しているかを明確して、評価することが大切です。そして、各プロセスにおいて最適なプロモーションを行うことで、顧客の状態に応じたコミニケーション戦略をとることができるようになります。