ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

経営理念と経営ビジョン

 経営理念は、企業の経営や組織の基本姿勢を規定したものです。
 これは、顧客・取引先・株主・地域社会に対して、他社とは異なる自社の存在価値をアピールするものです。そして、これを実現するために、社員1人1人の業務にまで浸透させることが大切です。
 社員1人1人に浸透させるということは、経営理念に従って業務を行うとともに、判断に迷った時には、経営理念に立ち戻って判断の方向性を決めることになります。
 よって、経営理念が抽象的すぎると、その機能が働かず。風化する恐れがあります。
 経営ビジョンは、経営理念と異なり中長期的なあるべき姿を定めたものです。
 よって、戦略・戦術は経営ビジョンに従って、計画され、実行されます。
 経営理念や経営ビジョンは、社員が1つも目標や目的のもと活動するためのもです。従って、社員に浸透することで、本来の求心力を発揮します。
 社員に浸透させるためには、次のことが大切です。
 (1) 経営者自信が自らの言葉でその思いを伝えること
 (2) 経営幹部等が、実際の成功体験を含めて社員に分かりやすく、説明すること
 (3) 社員1人1人の業務目標に反映させ、評価すること
 (4) 何度も何度も繰り返し社員に訴えること

 経営理念、経営ビジョンを明確にした後、基本戦略→機能別戦略(販売、生産、開発、財務、組織・人事)と展開していきます。