ライモック ラボ

企業の持続的な成長を
サポートします

食品事故事例

 自主回収は、告知されているもので年間千件あるとされており、告知されていないと思われるものを含めると1万件の食品事故があると言われています。
 財団法人食品産業センターの食品事故情報告知ネットによると、2013年1月〜12月において、436件の食品事故による回収等の告知がなされています。その中には、2013年10月に告知されたはごろもフーズ株式会社のツナ缶も含まれています。

 データを見ると75%が表示不良によるものです。これは、食品表示は、「食品衛生法」「JAS法」「健康増進法」などが絡み合い複雑になっています。コンプライアンス遵守のためにも十分な注意が必要です。なお、消費者庁では、これらの一元管理を行っており、新しい仕組みづくりがなされています。今後も動向を注視していく必要があります。